×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

森蘭丸
1565年 戦国真っ只中生まれ

生きていればかなりいい武将になるはずだった予定の人

織田信長の小姓となり、有能だったため瞬く間にお気に入りNO1に

が、本能寺の変に一緒についていったため、信長とともに死んでしまいました




森蘭丸にインタビュー
ハガクレ

今回のゲストはあの信長の宝物★森蘭丸さんです

蘭 丸

こんにちは

ハガクレ

うわー。ウワサには聞いていましたがホント美少年ですね

蘭 丸

そうですか?別にフツーですよ

ハガクレ

フツーじゃないですよー!今だったらジャニーズ入り間違いなしですね

蘭 丸

じゃにいず???それは何ですか?

ハガクレ

んー。まぁ、簡単に言うとカッコいい男の子を集めた集団みたいな感じですよ

蘭 丸


ふーん。そんなの僕達の時代にも沢山いましたよ。どこの国の殿も、そのじゃにいずとかいう集団を作っておりましたが・・・?

ハガクレ


あー、まぁそうかもしんないですねぇ。ま、今の時代は殿の身の回りの世話をしたり男色相手(ホモ相手)をしたりの集団ではないんですけどね

蘭 丸


へぇー。殿の世話をせずにいるのですか?では一体なんのためにその人たちは集められたのです?

ハガクレ


別にフツーに見てるだけですよ。っていうか、この話しは終わりにしていいですか?他にも聞きたいことがあるんで

蘭 丸

はぁ・・・。まぁいいですけど

ハガクレ

えー、まず蘭丸さんの家族を教えてもらっていいですか?

蘭 丸

はい。ボクの父親は森可成。そして兄は森長可と申します

ハガクレ


森長可さんと言えば「鬼武蔵」っていうすごい強そうなあだ名で有名ですよね!やっぱり強かったんですか?

蘭 丸



そりゃあもう。自慢の兄でした。父が合戦で死んでしまったため、ボクの父代わりでもありました。兄の紹介で、ボクは兄の主君である織田信長様に小姓として仕える事になったのです

ハガクレ

あの信長さんの小姓になるなんて勇気ありますね。怖くなかったんですか?

蘭 丸


よく聞かれますが、やることさえきちんとやっていれば全然平気ですよ。みんな気がきかないだけなんですよ

ハガクレ

そうなんですか?

蘭 丸


だいたい見ていれば怒られるツボや褒められるツボがわかるじゃないですか。ボクはきちんとその辺を見極めて誠心誠意尽くしていました

ハガクレ


ほー。頭がいいんですね。蘭丸さんは顔も頭良くって気が利く、最高の小姓だったんですね

蘭 丸


殿には大変可愛がって頂きました。ある日殿が「ワシには三つの宝物がある」と、他の家臣たちに話しをしていたんですが、その一つがボクだったんです

ハガクレ


はぁー。すごい気に入られっぷりだったんですね。じゃああの事件(本能寺の変)の時は悔しかったでしょ?

蘭 丸






思い出したくもない事件ですね。アレは。

ちょっと前から明智光秀がおかしいというのは気がついておりました。突然ボーっとしたり、ブツブツと独り言を言ったり・・・。ボクはわざわざ殿に忠告したというのに、殿は「あのキンカ頭(光秀)に何もできるわけないだろ?」と笑っておられたのです。あの時ボクが殿にもっと強く言っていれば・・・

ハガクレ


そうだったんですかー。本能寺の変の時のことをもっとくわしく話してもらっていいですか?

蘭 丸


はい。殿は中国地方で毛利家と戦っている秀吉の応援に光秀を行かせたのです。ボクたちは京都でお茶碗お披露目会があったので、本能寺へ立ち寄ったのです

ハガクレ

フムフム

蘭 丸



本能寺で碁をうった後、夜も更けてきたので寝ることにしました。すると遠くからワーワーとなにやら声がしたのです。殿は「どこかでケンカでもはじまったんじゃろ」と言っておられました。ですがボクは嫌な予感がしたので様子を伺うため外に出たのです

ハガクレ

フンフン

蘭 丸

するとそこに見えたのが光秀の旗だったのです

ハガクレ

ほぉー

蘭 丸



ボクは大きな声で「明智光秀謀反!」と叫びました。すると殿は「是非に及ばず・・・」と呟くと、槍を手にし、やってくる敵を殺し始めたのです。ボクと弟達も殿を守るため死力の限りを尽くしましたが、次から次へと新手がやってきました

ハガクレ

ほぉー

蘭 丸


とうとうボクはやってくる光秀軍に殺されてしまいました。これがボクの体験した本能寺の変と呼ばれる事件の一部始終です

ハガクレ

はぁーー・・・。やっぱり怖かったですか?

蘭 丸


怖いというより無我夢中でした。何とか殿だけでもお守りしなければと・・・・それだけを考えて・・・・

ハガクレ

あのあと、光秀さんがどうなったか知ってます??

蘭 丸

いいえ。どうなったんですか?

ハガクレ

あれからすぐに、秀吉さんが「信長様の仇!」ってことで、光秀さんを殺したんですよ

蘭 丸


えっ!そうなんですか?秀吉というとあのサルのような男ですよね?へーえ。あのサルが。へーえ

ハガクレ

秀吉さんとは仲が良かったんですか?

蘭 丸



彼はボクたち小姓に色々と贈り物をくれたり、ゴキゲン取りをきちんとしていましたからね。その点光秀はボク達小姓を思いっきり軽蔑した目で見てました「男色相手のくせに!」みたいなね。だから、ボクたち小姓から光秀は嫌われていましたね

ハガクレ

へー。あの世では信長さんや光秀さんに会ったりしないんですか?

蘭 丸


それが聞いてくださいよ。ボク、若くして死んでしまったというのに、なぜかみんなボクのことを知ってるんですよ。今、大忙しなんです

ハガクレ

え?なんで?

蘭 丸


なんかよくわかんないんですけど、「蘭ちゃんふぁんくらぶ」というのがあって、その方達を相手に写真撮影とか握手会とかでスケジュールがつまりまくっているんです

ハガクレ


はぁー。どこいっても美少年ってのは大変なんですね・・・