×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新庄局

吉川元春の妻・新庄局

実はこの方、戦国一のブ○として有名でした




新庄局・・・の関係者にインタビュー

ハガクレ


今回のゲストは、戦国一の○○!!と、いわれた女性!新庄局さんです!どうぞーー!!

吉川元春

あ、ども

ハガクレ

あれ?あなた方は??

吉川元春

あ、ボク、吉川元春です

毛利元就

わし、毛利元就です

小早川隆景

ボク、小早川隆景です

ハガクレ

ええっ!?今回のゲストは新庄局さんですよ!?なんでまたあなた方が!?

吉川元春

いや〜、だって、なぁ?

小早川隆景

そうですよ〜。ねぇ?父上

毛利元就

そうだなぁ〜。

ハガクレ

なんなんですか一体!?

吉川元春

いやその、なんというか、あまり人前に出さないほうがいいかと

ハガクレ

はぁ?だって噂によると、戦国一の女性なんでしょ?

毛利元就

まぁそうだが

ハガクレ

あ、そうそう聞くの忘れてたんですけど、いったい何が戦国一なんですか?

吉川元春

そりゃその・・・なぁ?

ハガクレ

あーもー!!!はっきりしてくださいよ!!いったい何なんですかぁ??

毛利元就

まぁ、その、非常に言いにくいんだがのう、あやつは、その、まっこと醜女なんじゃよ

ハガクレ

醜女??どーゆーことですか?

毛利元就

まぁ、アレだ、ものすごいブスってことだ

ハガクレ

はぁ??

毛利元就

ほら、元春、おぬしから説明せい

吉川元春

は、はい。あの、ほんとにあの、なんというか、顔の見目が麗しくないというか・・・

ハガクレ

ってか、自分の奥さんでしょ??

吉川元春

まぁ、そうなんですが

ハガクレ


じゃなんでそんなブスブス言うんですかぁ?とゆーか、元春さんレベルだったら、奥さんなんて選び放題じゃないですか?

吉川元春

まぁそうなんですが

ハガクレ


あ〜、わかったぁ!アレでしょ?側室いっぱい作ったとかゆーパターンでしょ?正室は地位の高い女性にして、外でいっぱい遊ぶみたいな?あーやだやだ

吉川元春

いえ、ボクは側室一人もいません

ハガクレ

え?じゃなに?そのブスな女性が好きだったってこと?

吉川元春

まぁ、最初は違ったんですが、一緒にいるうちにだんだんスキになってきたというか

ハガクレ

あーもう!いったい何なんです?じゃあ結婚したきっかけを教えてくださいよ!

小早川隆景


あ、じゃあボクが。あのですね、毛利家の家臣に熊谷信直という、ものすごい大事な家臣がいたんですよ

ハガクレ

ふぅん

小早川隆景

その熊谷信直にはずっと悩んでいたことがあったんです

ハガクレ

へぇ?なに?

小早川隆景

実は、自分の娘があまりにもブサイクすぎて、夫になってくれる人がいない・・・と

ハガクレ

えー!?

小早川隆景

ホントなんです。で、娘が気の毒で、ずっと悩んでいたんです

ハガクレ

はぁ

小早川隆景

そしたら元春兄さんが、「じゃあボクがお嫁さんにもらう」って言い出したんです

毛利元就

あの時ワシは、本当に本当に本当に、こやつ、気がふれたかと思ったぞ

小早川隆景

父上、失礼ですよ

毛利元就

あ、すまんすまん

ハガクレ

え?でも何で??

小早川隆景



兄さんの考えはこうです。信直は毛利家にとっていなくてはならない大事な家臣。その家臣がずっと悩んでいるなら、兄さんが嫁に貰えば熊谷家は毛利家に感謝して、ずっと忠義を尽くすだろうということです

ハガクレ

実際、熊谷さんちは毛利のために尽くしたんですか?

吉川元春

それが、本当に感謝されて、以後すっごく毛利のためにがんばってくれたんですよ

ハガクレ

へぇ〜。いい話しじゃないですか〜

毛利元就

じゃがな、この新庄局はなかなかのオナゴでな

ハガクレ

え?本人に問題ありありなんですか??

小早川隆景

ブスなだけじゃなく、ものすごく勝気な女性だったんです

吉川元春

おい、あんまりブス・ブス言うなよな

小早川隆景

え?だって兄さんだっていつも言ってるじゃないですか

吉川元春

なんか人に言われるとむかつくんだよな

小早川隆景

そんなぁ

ハガクレ

まぁ、いいじゃないですか。それが愛情ですよ。愛情。で?続きは??

小早川隆景

いや、ほんと大変だったんですよ?ボクたちの姉さんである五龍姉さんと仲悪くって

吉川元春

でも五龍姉さんもちょっと強すぎだよな?

小早川隆景


確かに。姉さんも強いけど、新庄義姉さんも負けてはいないんですよ。ある日、ボク、あまりにも険悪なんで「お互い仲良くしようよ」って手紙を書いたんですよ

ハガクレ

ほぉ

小早川隆景

そしたら思いっきりシカトですよ!?

毛利元就

フフ・・・

小早川隆景

何笑ってるんですか父上!笑い事じゃないですよ!

毛利元就

いやいや、ワシもあのオナゴには苦笑いさせてもらったことがあってな

ハガクレ

へー。元就さんも??

毛利元就

実はワシも「もう少し皆と仲良くせい」という手紙を送ったんじゃよ

吉川元春

ええっ!父上がそんなことしたんですか!?

毛利元就

フフ。そうなんじゃよ。そしたらある日、一通の手紙がきてな

ハガクレ

フンフン

毛利元就


その手紙がやたら偉そうだったんで、ワシは最初、尼子経久からの手紙だと思ったんじゃ

ハガクレ

まさか・・・

毛利元就

そのまさかじゃ。その手紙が新庄局からだったんじゃよ

吉川元春

ええっ!父上申し訳ありません!!

毛利元就

いや、あまりの偉そうさに、このワシも苦笑いじゃ。あっぱれあっぱれ

小早川隆景

そんなことがあったとは・・・。じゃあボクの手紙がシカトされても仕方ないですね

吉川元春

ゴメン。隆景

毛利元就


いやいや、あそこまでスゴイと、ある意味気持ちがいいぞ。それには、あのオナゴはワシらには態度悪いが、吉川のためには大層いいオナゴであった

吉川元春

そうなんです。冗談抜きでほんと、いい女房だったんですよ。

ハガクレ

誰も冗談だとは思ってませんよ

小早川隆景

兄さんの息子の広家がヤンキーになった時も、更生させようと頑張ってましたもんね

吉川元春


そうなんだよ。ほんと広家が不良街道まっしぐらになりそうな時は、めっちゃ焦ったんだけど、女房はすごいんだよ。デンと構えてさ

毛利元就


戦国のオナゴはあれくらいでなくてはいかん。夫婦仲むつまじく家を守り立てねばならん

ハガクレ


じゃあブスと言われようが何と言われようが、元春さんたちはラブラブ夫婦だったってことなんですね

吉川元春

えぇ、まぁ・・・(照)

ハガクレ

じゃあ今度は新庄局さんと一緒に是非来てくださいよ〜

吉川元春

いや、それは勘弁してください

ハガクレ

えー?なんで〜?

毛利元就

尻にひかれてるからじゃ

吉川元春

シッ!!父上!!シーーーッ!!

小早川隆景


そうですよ父上!ボクらは毛利の両川なんですからね!尻にひかれてるなんてことがバレたら大変なんですから!

吉川元春

シッ!声、でけーよ!隆景!