×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

 忍 者


影として生きた忍びの者達

         

真田忍者


真田三代(幸隆・昌幸・幸村)は多くの忍びを抱えていました

真田の忍びを養成・統率していたのは出浦守清(いでうらもりきよ)という人です

真田の忍びが一番活躍したのは「大阪の陣」

何人もの名前が資料に残されております

中でも一番の働きをしていたのが唐沢杢之助

幸隆に従い、多くの戦功をあげておりました

この杢之助の長男が「お猿」という名前だった

もしかしたらあの真田十勇士の猿飛佐助はここからきてるのかもしれないですね



忍者トップへ戻る?

忍者屋敷から出る?



参考文献はすべてこちら


1