×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

 忍 者


影として生きた忍びの者達

         

毛利忍者


毛利元就は謀略が大得意な将である

その元就が使ったのが「座頭衆」と呼ばれる忍びであります

その他にも25人いる世鬼一族(せきいちぞく)を扶持し、領内の六ヶ所に住まわせておりました

尼子家を滅亡させるきっかけとなった事件に、この世鬼一族を使って偽の密書を持たせるなどしております

元就は忍びを駆使し、謀略や策略を繰り返し、勝利を積み重ねていきました

毛利家の忍びのボスは「杉原盛重」といわれております

この盛重は顔が平たく広がっており、いつも無表情だったため「お面杉原」と呼ばれていました

後に元就の次男である吉川元春に仕え、多くの忍びを養成

養成された忍びの中では、佐田三兄弟(彦四郎・小鼠・神五郎)が活躍をしました









忍者トップへ戻る?

忍者屋敷から出る?



参考文献はすべてこちら


1