×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

 忍 者


影として生きた忍びの者達

         

尼子忍者


尼子家が抱えていた忍者は「鉢屋一党」

尼子経久が父とともに独立を企て、月山富田城を追われた

のちに城の奪還を試みるが、頼りになる家来が60人ほどしかいなかった

そこで経久が、鉢屋一党に助けを求めたのである

それまでの鉢屋一党といえば、夜な夜な出没しては盗みを働いている悪党で有名でした

が、空也上人に説教され改心し、茶せんなどを作るように

茶せんを売るときに鉢をたたいて売ったことから「鉢屋」と呼ばれるように

やがて一族は各地に分散しますが、その中のひとつがここで出てくる鉢屋一党です

以後、鉢屋一党は尼子家のお抱え忍者となります

鉢屋一党の活躍もあり、尼子経久は月山富田城を奪回

それから領地を拡大していきます

が、孫の晴久の時代になってから毛利元就に滅ぼされてしまいました

以後の鉢屋一党は不明です






忍者トップへ戻る?

忍者屋敷から出る?



参考文献はすべてこちら


1