×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

 忍 者


影として生きた忍びの者達

         

忍者はどこから来たのか

忍者の発生はいまだ謎であります

インド発生説

インドの貴族階級バラモンが行った幻術や魔術が中国に入り、それが老子の教えと結合し、中国独自の発達を遂げた

その教えが日本へ仏教がやってきた頃に伝わったと言われています


中国発生説

中国の秦の始皇帝が、不老不死の薬を探すよう徐福(じょふく)という男に命じた。この男が日本へやってきたときに、色々な術を教えたという説

他には遣隋使であった小野妹子が持ち帰ったという説や、吉備真備が持ち帰ったという説もあります


日本発生説

日本書紀に書いてある神武天皇東征のとき、天皇の側近である道臣命(みちおみのみこと)が、術を使い賊を倒したという箇所があります
これが日本で術をつかった第一号と言われています

また、小角(おづぬ)が甲賀流・伊賀流の祖であるという説もあります


様々な説がありますが、今のところどれが正しいのかはまったくの謎です



忍者トップへ戻る?

忍者屋敷から出る?



参考文献はすべてこちら


1