×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

 忍 者


影として生きた忍びの者達

         

甲賀忍者


伊賀忍者のところでも紹介しましたが、もともとは伊賀と同一の忍者でした

それが荘園制度の際に「荘官」となった頃から分裂したと言われています

伊賀忍者との違いは医療・催眠術・気合術など独特の忍法を編み出しているということ

甲賀が歴史の表舞台に出てくるのは六角氏との関わりから

室町幕府九代将軍義尚(よしひさ)の時代、室町幕府は貧乏で権威がなくなってきていました

ここで力のあった守護・六角高遠が出てくるのです

高遠は南近江や比叡山のある領地を欲しがった。ここで甲賀の地侍が六角氏の味方をしたのです

この味方した地侍を「甲賀五十三家」と呼びます

甲賀の人々は六角家のためにゲリラ戦などを行い、五十三家のなかの二十一家は六角家から感服状を貰いました

こうして甲賀の人々は六角氏の庇護を得て。諜報や戦闘にと活躍するのです

が、そこに出てきたのが天下の覇者織田信長でした

さすがの六角氏も織田信長には勝てず六角氏は滅亡したのです

甲賀の人々は織田家へつくことに

が、信長が死ぬと徳川家へつくのです

主君をたくみに替え生き残っていった一族なのでした









忍者トップへ戻る?

忍者屋敷から出る?



参考文献はすべてこちら


1