×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

 忍 者


影として生きた忍びの者達

         

軒猿


上杉謙信のお抱え忍者を軒猿(のきざる)と呼びます

由来は中国で初めて忍者を利用したという皇帝 軒猿(けんえん)からとったと言われています

あの武田信玄との川中島の合戦(四回目)の時に活躍したのが軒猿といわれており、山本勘助の「啄木鳥戦法」を見破ったのが軒猿という説もあります

忍び合戦では、武田の乱波よりも軒猿の方が一枚上手だったのかもしれませんね

謙信はそのほかに「山伏」にもスパイ活動をさせていました

山伏は自由に国を行き来できるため、彼らを使ったといわれています


















忍者トップへ戻る?

忍者屋敷から出る?



参考文献はすべてこちら


1