×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



 

 忍 者


影として生きた忍びの者達

         

忍者とは?

黒装束を着て、手裏剣を使ったり忍術を使い、そして強靭な体で、身軽な身体を持ち闇夜を疾走する・・・・

と思うのが一般的ですが、実際は違います

戦国時代においての忍者の役目は

「流言・諜報・潜伏・放火・暗殺・変装」など、今で言うスパイのような役目をしていました

ある目的をもって隠密行動を行う

それが忍者です

たまたまその役割を受け持った人や、偶然の奇功で成功した人は忍者とはいえません

忍者は技術を「能力」として高め、「職業集団」として働く人たちのことなのです

もちろん黒装束は着ていません

ある時は薬売りの姿をしたり、女性ならば巫女の姿をしたり

こうして各国のお抱え忍者は、スパイ活動をするのです

また、忍者のことを「下賎の職である。武士の職ではない」という本もあります

確かに人の家に忍びこみ、秘密を探るのは卑しい行動であります

が、彼らはそれを忍技・忍道として高めていき、単なる「下賎の職」ではなくなっていくのです









忍者トップへ戻る?

忍者屋敷から出る?



参考文献はすべてこちら


1