×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

太夫の意気張

生まれては苦界 
死しては投げ込み寺 苦界十年の女たちの世界


「太夫」とは、最高級の遊女

江戸中の男性の憧れの的であります

が、「太夫」という呼び名は消えていくこととなります

理由は、「お金がかかるから」です

さらに幕府によって吉原は何度も規制を受けていたので、いいお客が減っていったということもあります

楼主の方も、客の指名が少なくなってきた最高級遊女「太夫」より、ランクが落ちるけど商売しやすい遊女の方が儲けやすかった

決定的なのは、1693年に幕府から大名・旗本の吉原通い禁止令が出たこと

これによって、有力な客が減ってしまったのです

以降、太夫に代わって「呼出」が最高級となっていきますが、江戸時代を通じて「太夫の復活」はいつも望まれていました

そんな最高級遊女「太夫」とはいったいどんな女性だったのか??

もともと太夫ということばは、京都に始まった呼び名であります

太夫とは歌舞音曲に優れた人のことをいいました

それが遊女に使われるようになったのです

太夫と呼ばれるには、姿形が美しいのはもちろんのこと、和歌・茶道・囲碁など全ての教養を知っていなければいけなかった

大名クラスの男の前に出ても恥かしくないくらいの知性と教養・そして品格を持っていたのです

ただ単に「きれいだから」では太夫にはなれませんでした

そのため、遊女屋の主人や使用人、さらには他の遊女からも一目置かれる存在でした

つまり太夫というのは、吉原の中で一番偉かったのです

そんな太夫ですから、プライドも人十倍

こうして遊女が持つ「意気張」ができあがったのです

意気張とは、お金になびかず遊女の意地を通すこと

大金をつまれても嫌なものは嫌と突き通すプライドのことです

太夫は、ただ単に体を売るだけではなく、さまざまな芸を持ち、教養を持ち、全ての男性の憧れだったのであります

そんな「太夫」の存在も消滅し、意地張を持つ遊女がだんだん少なくなり、幕末にはほとんど意地張のある遊女はいなくなってしまいました


吉原の最初に戻る?


吉原から出る?


1