×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 

日本の女性史



         


お江与・お督
祟源院〜すうげんいん〜

浅井三姉妹の三女であります
お江・お江与・小督などという呼び名がありますが、ハガクレ★カフェでは「お江与」で通してます

母はお市・父は浅井長政で、1573年に小谷城で誕生しました

お江与が生まれた頃の小谷城は、すでに織田信長軍に包囲されていました
そして小谷城は落城し、父の浅井長政は自刃したのです

生まれたばかりなので、父の顔も覚えてないことでしょう

その後、信長の庇護の暮らしました

が、その織田信長が死去し、いざこざの中、母のお市が柴田勝家と結婚し、三姉妹は北ノ庄城へ行きました

この頃、お江与は10歳

そして柴田勝家が豊臣秀吉によって滅ぼされ、北ノ庄城は落城。お江与にとって二度目の落城になります
三姉妹は城から脱出し、豊臣秀吉の庇護を受けるように

秀吉はこの三姉妹を政治の手駒にした

まず最初に選ばれたのがお江与であります
12歳になったお江与は、織田信雄(信長の息子)の家臣である佐治一成と結婚させられました
この頃、秀吉と信雄は仲が悪かったので、両家のバランスをとる為の結婚でした
正直、お江与からみれば、佐治家はかなり「格下」でした

が、嫁いだその年に、秀吉VS家康の小牧・長久手の戦いが始まる
この時、佐治家は徳川方についたのであります
怒った秀吉は、お江与を離婚させ、豊臣家へ戻しました

さて、お江与が20歳になった時、またも縁談が
今度は秀吉の姉の息子である羽柴秀勝であります

お江与が再婚した年に、秀吉は朝鮮半島へ兵を出しました
もちろん二度目の夫の秀勝も出陣
が、このとき秀勝は24歳で陣中で倒れ、死んでしまったのです
一年も続かない結婚生活でした

が、この結婚では子供が生まれました。女の子です

またも秀吉のもとへ戻ってきたお江与

秀吉はまたもお江与を結婚させます
お相手は徳川家康の三男である秀忠でした

23歳のお江与と、初婚で17歳の秀忠です
結婚生活は離婚歴が二回もあり、年上のお江与が主導権を握っていました
また、お江与はやきもち焼きだったため、側室を置くことを許しませんでした
秀忠も性格的にマジメだったので、側室を置かなかったのです

こうしてお江与は長男竹千代(のちの家光)など、二男・五女を秀忠との間に出産しました

秀忠は江戸幕府二代将軍となり、まさに女性として栄華を極めたといえるでしょう

が、どうしてもそりの合わない人がいた
それが春日の局です

春日の局は家光の乳母でした
お江与は春日の局になついている竹千代より、次男の国松を次期将軍にしたいと思うのです
それは秀忠も同じでした

こうして次期将軍を巡って、竹千代VS国松の対立が始まります

春日の局は内緒で徳川家康に会いに行き、「お江与様が国松様を将軍にしようとしている。長男である竹千代様が可哀相です」と直訴

これを聞いた家康は、みなの前で「次期将軍は竹千代である」と発表したのです

こうしてお江与の野望は崩れたのであります

が、お江与の娘・和子は時の天皇と結婚しました

お江与は将軍正妻・そして将軍生母であり、天皇の姑という、すごい人なのです

そして1626年 江戸城にて生涯を閉じました
54歳でした

秀忠と結婚してからは、姉の淀君が自刃するという悲劇はあったものの、後半は平穏に暮らせていました
三姉妹の中では、もっとも幸せであっただろうし、また、当時の女性の中でもっとも最高位にいた女性でした








女性史TOPに戻る?

TOPに戻る?


参考文献はすべてこちら



1